さいたま市浦和にある美容室、写真館とレンタル衣装店が一緒になったヘアメイクスタジオMIMURO

ブログ

写真撮影用のメイクのポイントって?

2016.04.20

写真撮影をするときにも、普段と同じメイクで臨む方もいらっしゃいます。
しかし、出来上がった写真うつりを見ると、思ったよりもお顔の印象がはっきりしなかった、ということはよくあるのです。

 

 

ですから撮影のときはいつもよりもちょっと濃いめのメイクでも大丈夫だと覚えておくとよいでしょう。

DSC_0015 田中晴菜

 

たとえば基本的なメイクテクニックで言えば、おでこ、鼻、顎にハイライトを入れて立体感をもたせるのは写真撮影のときにも有効です。

 

 

ハイライトを入れた部分には光がよく反射するので、ハイライトを入れない部分と比べてそこが高く見えるようになるため、お顔の印象をはっきりさせることができるからです。

DSC_0036 鯨岡奈々

 

逆に、高低差を出すために低い部分や影になるような部分はハイライトとは逆に、暗いカラーを入れるのがおすすめです。
たとえばノーズシャドーを入れると、更に彫りが深い整った印象になるので、ファンデーションで顔のトーンを整えるだけではなく、最後に陰影をもたせるようなメイクテクニックも忘れないようにしましょう。

DSC_0007 飯島桃子

 

このようにちょっとした工夫で、より写真写りをよくすることができます。
長い期間残るものなので、撮影の日は気合をいれてメイクしたいものですね!