さいたま市浦和にある美容室、写真館とレンタル衣装店が一緒になったヘアメイクスタジオMIMURO

ブログ

小中学校の受験でいい印象を与えるために

2016.04.22

小中学校の受験では、相手に対して感じの良さを与えると、良い印象になるでしょう。

では、感じの良さを与えるにはどうしたらよいかというと、本人の努力も大切なのですが、まだ幼稚園や小学生という立場だけに親の役割がとても重要だと言えます。

親が子供のためにしてあげられることはたくさんあります。

まず受験に必要なのは願書になります。

願書が最初の接点となるので、誠意が感じられる書類を作り上げなければなりません。

書類だけでも相手への印象というのは異なります。

次に子供の服装ももちろん大切になってきます。

大人であれば、スーツを着るというのが正装になるのですが、子供も正装を着るのです。

受験の時に普段着で行ったのでは、親の常識を疑われかねません。

しっかりとした試験の場ということをわきまえた服装をさせることが、大切なのです。

あとは親も季節にあわせた清潔な服装をするようにしましょう。

あまりに場違いな服装や、ド派手な服装を着て行ってしまうと、それだけで相手はあまり良い印象を持ちません。

親も子供と同様に受験するという気持ちが大切です。

 

MIMURO (99)