さいたま市浦和にある美容室、写真館とレンタル衣装店が一緒になったヘアメイクスタジオMIMURO

ブログ

就活の時にパーマをかけていたら印象は悪くなるのか?

2016.09.05

就活中は髪の毛の長さや色、スタイルに神経質になりがちだと思います。 今回は就活中にパーマがかかっていても選考に悪影響はないのかどうかについてお話しします。

 

やはり就活時に最も重要であるのは清潔感があるかどうかです。この辺りの感覚は企業によって異なりますが、外見を重視していない企業は多いようなのでパーマをかけていることを気にしすぎる必要はないでしょう。

 

また、パーマと言っても種類がたくさんありますよね。ノーマルパーマやデジタルパーマなど。ゆるいパーマや少し癖毛に見えるような程度のパーマであれば印象を悪くすることはないでしょう。

 

逆に、ドレッドヘアーやパンチパーマなどはあまりいい印象を与えないので避けるべきです。 次に就活の時にパーマをかけるメリットについてですが、髪のセットが早くでき、ヘアスタイルのキープがしやすいことが挙げられます。

 

1日数社の面接を受けるような日にもパーマをかけていることで、その都度、髪をセットする手間は省けるでしょう。

 

しかし、雨が降っているなどで湿気が高い日には朝整っていた髪が広がってしまったりしてしまいだらしなく見えてしまう可能性もあります。

 

強くパーマをかけすぎないことでこのようなことは防ぎましょう。 就活と言えども、パーマをかけることが必ずマイナスになるわけではないということを覚えておきましょうね。