さいたま市浦和にある美容室、写真館とレンタル衣装店が一緒になったヘアメイクスタジオMIMURO

お知らせ

業界によって就活の写真を変えた方が良い理由

2016.02.24

就職活動の明暗を分けるのが、最初に企業側へと送付する履歴書となります。

履歴書と言えば記載する情報ばかりが注目されますが、採用担当者が重視するのは学歴や資格だけではありません。

 

 

いわゆる就活の写真も、大事な判断材料となります。

業界によって当然、希望する社員像は変わってきます。

 

DSC_9501 aaaaa hp

 

金融業界は、カッチリした真面目な女性社員を採用したいと考えていますので、今風の派手な髪型をした写真を履歴書に使用すると、それだけで不合格になる恐れが出てくるのです。

 

 

大手銀行や金融機関への応募を検討している方は、カジュアルな写真に加え、別途硬派な印象を与えられる証明写真を作成しておいた方が良いでしょう。

 

 

またブライダル業界や秘書業務志望の場合は、髪型がハーフアップでもOKです。

 

 

ハーフアップスタイルは聡明かつ活発な印象を与えられ、いわゆる出来る女性像を上手く演出出来ます。

 

 

一方でマスコミ業界は、落ち着いた知性のある雰囲気に華やかさも必要となりますので、ショートボブやサイドテール、ストレートパーマをかけたロングヘアーがオススメです。

 

エアライン業界は、シニョンや一つに結んでスッキリとさせつつもメイクで少し華やかさを出して頂くのがいいです。

 

DSC_0002 hp

 

企業によって応募要項に細かく書かれているところもありますのでしっかりと確認をしてから写真を撮ることをオススメします。